« 静岡ホビーフェアと世界お茶まつり | トップページ | ゴミ処理について考える »

2010年11月 2日 (火)

HEIKO ニューソフトパック 紐付 No.911

No911

 写真をご覧になればおわかりと思いますが、スーパーによく置いてある半透明のビニール袋です。キッチン用品としても認知されているものですが、こうした袋は何かあった時に役立つものです。

 車内で出たゴミについては、持ち手の付いた袋を車のどこかにひっかけて利用していますが、単なる紙くずだけならいいのですが、水分が付いていたり、生ゴミに近いものだったりするとゴミ袋から漏れてくる場合があり、実に好ましくありません。

 そうした場合、いったんこうした袋に入れて縛ってからゴミ袋に入れることで、匂いについても抑えることができます。基本的にはゴミを入れるという使い方ですが、ラップのかわりにシェラカップに丸ごとかけて食事をした後、ひっくり返すように裏返して、食事の際出た他の生ゴミなどを入れるようにすれば、食器洗いの手間もなく、手もゴミ袋も汚れません。確か高速バスでエチケット袋として常備されていたものもこの種のビニール袋だと記憶しています。入れすぎて破れそうになったらもう一枚重ねればいいわけですし、手にはめて輪ゴムを付け、キッチン用手袋代わりにするとか、他の用途については状況に応じてここで挙げていないところでもまだまだあるでしょう。

No9112

 サイズはだいたいA4サイズといったところで、あまり大きなお皿などは包めませんが、いわゆるキャンプ用に作られた食器類であれば、それほど大きなものを選ばなければお皿を汚さずに包むことができるでしょう。メーカーでは紐なしも用意していますが、写真のようにヘッドレストのところにはめ込むようにして吊り下げるとか、インテリアバーにS字フックなどが用意できるなど、車のどこかに吊り下げるところを作ることができるのなら写真の紐付きを選んだ方が何かと便利です。特に御家族で出掛けられる際には何かと使うものだけに、すぐ手の届くところに吊り下げておけば必要な際にすぐ使えます。

 ただ、あまりにも便利に使えると言って、ゴミの総量を増やすような結果になってしまっては本末転倒ですので、使い過ぎにはくれぐれもご注意を。

« 静岡ホビーフェアと世界お茶まつり | トップページ | ゴミ処理について考える »

車中泊グッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HEIKO ニューソフトパック 紐付 No.911:

« 静岡ホビーフェアと世界お茶まつり | トップページ | ゴミ処理について考える »

フォト

広告


2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ